2014/10/06

AFL Prospects 2014


今年のArizona Fall LeagueにPiratesから派遣されるのは8選手。コーチングスタッフからはベンチコーチのJeff BanisterがScorpionsの監督を務める。

[UPDATE]
BanisterがTexas Rangersの新監督に就任。代役としてマイナー部門特別補佐のFrank KremblasがScorpionsを指揮する。

Pitchers
[UPDATE]
Kinghamが一球も投げずにロースターを外れた。イニング制限による措置と見られている。

Tyler Glasnow, RHP (タイラー・グラスナウ), BA#21, BP#31, MLB#19
[A+: 23 GS, 124.1 IP, 57 BB, 157 SO, 1.74 ERA, 1.05 WHIP]
フロリダステイト・リーグのPitcher of the Year。腰の張りで出遅れた影響もなく、被打率.171、K%は31.9とAdvanced-Aでも打者をねじ伏せた。
90MPH後半の速球とカーブだけでなく、今年はチェンジアップの向上にも取り組んだ。AFLでは課題の制球面よりも、レベルの高い打者達をどれだけ抑え込めるかに注目したい。


Tom Harlan, LHP (トム・ハーラン)
[A+/AA: 32 G, 10 GS, 111,1 IP, 26 BB, 67 SO, 3.15 ERA, 1.24 WHIP]
長身だが、80MPH台後半の速球にカーブ、チェンジアップを投げるsoft-tosser。
特別コマンドが良いほうではないものの、変化球でストライクゾーンを攻めることが出来る。
プロ入り後はアームアングルの安定のためフォームにひねりを加えた。
AA昇格後は先発に転向。スターターの経験を積ませるためのAFL派遣という方針もあるらしい。


Joely Rodriguez, LHP (ジョーリー・ロドリゲス)
[AA: 30 G, 21 GS, 134.0 IP, 43 BB, 73 SO, 4.84 ERA, 1.43 WHIP]
Double-Aの壁はやや高かったか。今シーズンはブルペン落ちも経験した。
被打率.285は100イニングス以上投げたEastern Leagueの投手ではワースト7位。元々三振を奪うタイプではないが、K%はadvanced-A時代の16.2%から12.7%と減少した。
一方でLow-90sの動く速球を武器にGB%は5年連続の50%越えを記録。立ち直りに期待。


Adrian Sampson, RHP (エイドリアン・サンプソン)
[AA/AAA: 28 GS, 167.0 IP, 37 BB, 109 SO, 2.96 ERA, 1.14 WHIP]
今年一番ブレイクした投手。
コントロールの良さが持ち味で、組織全体の方針である内角攻めや昨年磨いたチェンジアップが成功につながった。
ツーシーム導入の効果か、Double-AでのGB%は49.0%を記録。
ベストゲームは7月18日のワンヒッター


Angel Sanchez, RHP (エンヘル・サンチェス)
[A+/AA: 25G, 122.1 IP, 38 BB, 75 SO, 5.96 ERA, 1.58 WHIP]
Double-Aで打たれてはDFAを3度繰り返し、8月にPiratesからクレームされた。
最速99MPH、先発で94MPHを計測できる力があるが、コントロールが悪すぎる。
速球派、ゴロ系と「条件」は揃っているが、果たして4ヵ月後40-man rosterに残っているだろうか。


Nick Kingham, RHP (ニック・キンガム), BA#37#BP43MLB#61
[AA/AAA: 26G, 159.0IP, 52BB, 119SO, 3.34ERA, 1.21WHIP]
今シーズンはワインドアップを廃止。
K%の低下の理由にはファストボールの制球重視や、少ない球数で打者を打ち取るプランが絡んでいる。
92MPH前後のファストボールとナックルカーブ、チェンジアップが武器。あるスカウトは「Gerrit Coleの下位互換」と表現していたらしい。


Catcher
Elias Diaz, C (エリアス・ディアズ)
[AA/AAA: 404 PA, .312/.366/.421, 6 HR, 54 RBI, 3 SB]
とんでもない強肩。元から守備の評価は高く、今夏はイースタンリーグのベストディフェンシブキャッチャーに選出された。
センターから右を意識するアプローチの効果か、ここ2年は打撃でも存在感を示している。
夏にはいくつかのチームからトレードの要求があったらしい。シーズン終盤にはTriple-Aに昇格し、Tony Sanchezをファーストへ押しのけた。


Infielders
Josh Bell, 1B/RF (ジョシュ・ベル), BA#35, BP#31, MLB#32
[A+/AA: 495 PA, .325/.375/.459, 9 HR, 60 RBI, 9 SB]
組織内のHitter of the Year、フューチャーズゲーム出場、FSLの首位打者獲得と飛躍の年となった。
Double-A昇格後はスランプに陥いるも、バッティングスタンスの微調整を続けて対応した。
シーズン終盤に負った左ヒザの打撲からは順調に回復中。ファーストコンバートが決まっており、教育リーグで練習を積んでからAFLに臨む。


Dan Gamache, 3B/2B (ダン・ガマーシュ)
[Rk/A/AA: 183 PA, .272/.339/.451, 6 HR, 29 RBI, 0 SB]
シーズン前に足を骨折した影響で実戦復帰は6月後半だった。
ラインドライブの打撃が魅力。今年はパワーを見せ、183打席でキャリアハイの6HRを記録。
「セカンドを守るサード」で、動きは悪くないが、バウンドの合わせ方に難がある。

2014/06/06

2014 MLB Draft: Day 1

-1st Round, 24th overall
Cole Tucker, (コール・タッカー), SS  BA#84
Mountain Pointe HS
Born: 7/3/1996
Bats/Throws: S/R   HT: 6' 3" WT: 185
Commitment: Arizona



Piratesが全体24位で指名したのは同じ高校生ショートでもJacob GatewoodTi'Quan Forbesではなく、Cole Tuckerだった。
現時点では2巡目~3巡目のタレントだが、3年後には1巡目のバリュー、アップサイドを持っている可能性がある、とも言われている。「もしPiratesがTuckerを回避していればAthleticsがドラフトしていただろう」、というPeter Gammonsのtweetは非常に興味深い。
Piratesは2011年のドラフトTrea Turnerに目をつけていた例もあるので、Turnerとスカウト陣を信じたい。
エネルギッシュなプレーが魅力の守備型アスリート。際立った肩はないものの、フットワークの良さと様々な角度から送球できる点への評価が高い。
打つほうではパワーレスだが、フィールド全方向に打ち分けることができる。Piratesはここ1年での打撃面での成長を評価しているらしい。両打ちに転向したのは二年前。右打席のスウィングのほうが自然と言われている一方、左打席のほうがスウィングがコンパクトでバットスピードがある、ともされている。平均的なギャップヒッターが天井か。

昨年のU18決勝では松井裕樹からチーム初ヒットを記録し、同点のホームを踏んだ。(.gif

-Competitive Balance Round A, 39th overall
Connor Joe, (コナー・ジョー), RF/C/1B  BA#102
U of San Diego
Born: 8/6/1992
Bats/Throws: R/R   HT: 6' 0" WT: 205
High School: Poway HS

 


ドラフト前の6月1日にリリーバーのBryan MorrisとのトレードでMiami Marlinsから全体39位の指名権を獲得。ここでカレッジバットを狙ってくることは想像できたが、さすがにこの結果はショックだった。


打撃力が持ち味のキャッチャーだが、PiratesはJoeをライトとしてドラフト。
パワーポテンシャルと選球眼を持つ中距離打者で、 GMのNeal Huntingtonは”accomplished college bat”と表現している。
昨夏のケープコッドリーグから捕手に転向。平均以上のpop timeを記録できるらしいが、今シーズンは23回走られて3度しか盗塁阻止を記録できていない。運動能力があり、平均的な両翼守備ができると見られているが、ポジション的にバリューは落ちる。
Piratesの外野陣、Reese McGuireの存在を考えると、将来的なポジションは打てるバックアップかファースト。


-2st Round, 64th overall
Mitch Keller, (ミッチ・ケラー), RHP  BA#76
Xavier HS
Born: 4/4/1996
Bats/Throws: R/R   HT: 6' 3" WT: 195
Commitment: North Carolina



Piratesのドラフトではお馴染の長身高校生ライティー。Midwestの高校生ではベストアームとの声も。
無駄のない投球フォームからlow-90のファストボールを投げる。先月のPerfect Game Pre-Draft Schowcaseでは95MPHを叩き出した。97MPHまで出したこともあるらしい。鋭く縦に落ちるカーブもプラス。
North Carolina大学進学の可能性からスロットバリューの$886Kを越えた金額を投資することになりそう。TuckerとJoeをスロット以下で契約し、Kellerにつぎ込む作戦か。本人は2巡目までに指名されればおそらく(probably)契約するとドラフト前に語っていたようだ。

同じハードボーラーの兄John昨年Oriolesにドラフト指名され、今シーズンはSingle-Aでプレーしている。

-Competitive Balance Round B, 73rd overall
Trey Supak, (トレイ・スーパック), RHP BA#99
La Grande HS
Born: 5/31/1996
Bats/Throws: R/R   HT: 6' 5" WT: 210
Commitment: Houston



La Grande高校のプレイヤーがドラフトされたのは2004年のHomer Bailey以来。

89-92MPHの速球は94MPHに達する。71-72MPHのカーブはポテンシャルピッチだが、今のところ不安定でパワー不足。投球動作が良いこともあり、一段階成長すれば順調に伸びる可能性も。
既に立派な体格を持っていながら、まだまだ成長途中。スタミナ不足の改善と更なる球速アップが期待される。

父のTomはTexas Pan-American大学でプレー。おじのJodyは1987年ドラフト12巡目でTigersからドラフト指名を受けている。

2014/05/19

First Look at Neverauskas

2010年のプロデビューから5年。
先週13日にようやくDovydas Neverauskasのピッチングを映像で確認することができたので彼の持ち球をGIFにまとめてみた。

Dovydas Neverauskas(ドヴィダス・ネベラウスカス
Born: January 14, 1993
Bats: Right Throws: Right
Height: 6' 3" Weight: 212
Country: Lithuania
Signed: July, 2009 (International FA)
Nickname: Never

Pitching Line (vs. Greenville Drive / May 13, 2004)
5.0 IP, 3 H, 2 R, 2 ER, 3 BB, 2 SO, 1 HR


リトアニア出身のNeverauskasはそのバックグラウンドだけでなく、プレイヤーとしても興味深い存在だ。スタッツは平凡だが、良い体格からmid-90の速球を投げることができる。

・Fastball
18歳の時点で94MPHを計測した速球がNeverauskasの持ち味。今では頻繁に95MPHを出すようになったものの、球速が安定しないことが課題とも言われている。

投球動作はクセがないオーバースロー。しかし、リリースポイントやフォームがバラつくせいで制球が安定していなかった。高めに浮いたボールでも力で押せていたことはプラスに捉えていいだろう。

右打者のインコースに入るツーシーム。

普段の配球は分からないが、少なくともこの日投げていたのはほとんどファストボールだった。ピッチングの鍵になる速球の質の向上などチームの育成方針も絡んでいるのだろうか。


・Curveball
比較的スピードのあるカーブを投げる。
上のGIFは初回にCarlos Asuajeから見逃し三振を奪った一球で、この日ベストの変化球。かなりバラつきはあったが、少なくともポテンシャルのあるボールには見える。


・Change up
映像の具合でツーシームにも見えなくもないが、おそらくこれはチェンジアップ。



*これを投稿するタイミングでPirates ProspectusがNeverauskasのレポートをアップしていたのでもちろんMust Read。

2014/05/01

Video: Gregory Polanco Monster April

現在スーパー2関連の議論の中心にいるGregory Polancoは先月24試合に出場し、.400/.457/.632、1.089OPS、と当然のようにTriple-Aの投手たちを打ち砕いた。

オフのトレーニングで体重を230lbsまで増やした効果か、105PAでホームランは4本(2013年はDouble-A 286PAで6HR)。出場試合の半分にあたる12試合でマルチヒットを記録。ウインターリーグと同様に左投手も苦にしていない。38安打のうち内野安打は11本(メジャートップはAdam Eatonの9本)でBABIPはリーグトップの.453。

SplitGPAABH2B3BHRRBIBBSOBAOBPSLGOPSIBB
vs RHP as LHB216058234231219.397.417.6901.1060
vs LHP as LHB204537152011387.405.511.5411.0521
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 5/1/2014.

一ヶ月のサンプルではあるが、10.0を切ったBB%とリーグ平均(43.3%)以上の49.4GB%はコンタクト能力から来ているものだろうか。

GMのNeal HuntingtonはPolanco昇格について、スーパー2が「特別な要因ではない」とし、ゲームにおける細部を磨く必要性が残されていることにも言及している。



2014/04/20

Bucs Acquire Ike Davis

Piratesがようやくファーストを補強した。開幕3週目を終えようとするこのタイミングでの動きはまさに”BREAKING”。

冬からトレードの噂が絶えなかったIke DavisをMetsから獲得。交換要員はZack ThorntonとPTBNL(後日指名選手)になる。

Offseason Rumors
オフの時点ではMetsからの要求は高かった。MetsはOriolesに対してEduardo Rodriguez、BrewersにはTyler Thornburg、そしてPiratesにはNick Kinghamを要求していたと伝えられている。後述するPTBNLにもよるが、この時期まで粘ったことにより少なくとも傘下No.3ピッチングプロスペクトの放出を避けることはできた。

Ike Davis
2012年に32HRを記録したパワーヒッター。AVGの低さとK%の高さは懸念されるが、パワーと出塁能力は魅力的だ。昨シーズンは脇腹痛を抱え、極度の不振からマイナー落ちも経験。後半戦は138PAながら好調で.954OPSはメジャー全体9位(min 130PA)だった。

Split G GS PA AB R H 2B 3B HR RBI BB SO BA OBP SLG OPS
1st Half 63 55 239 212 21 35 3 0 5 18 25 73 .165 .255 .250 .505
2nd Half 40 32 138 105 16 30 11 0 4 15 32 28 .286 .449 .505 .954
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 4/19/2014.

昨年4月からのフォームを比べると疑問視されていたヒッチが小さくなっているのがよく分かる。

 4/25/2013

8/20/2013

4/5/2014

対右投手の通算OPSは.831。GMのNeal HuntingtonはDavisの起用法について「Clint Hurdleの判断」と明言を避けたが、Gaby Sanchezとのプラトーンになるだろう。

Ike Davis projection
ZiPS       .232/.330/.424 (445 PA), .755 OPS, 18 HR, 1.4 fWAR
PECOTA .237/.331/.429 (472 PA), 19 HR, .752 OPS, 1.8 WARP

Ishikawa and Lambo
Davis加入に伴い、DFAされたTravis ”Takashi” IshikawaAndrew Lamboが酷い春を過ごした影響で開幕roster入り。38PAで.206/.263/.382、.646OPSという結果に終わった。さすがに一週間程度の穴を埋めるデプスとしてならともかく、3ヶ月も4ヶ月も起用し続けるべき存在でないことは開幕前から明らかだった。
Triple-Aで調子を上げているLamboは決して見限られたわけではない。Huntingtonは現状ではDavisのほうがチームにフィットするとし、Lamboはこれから外野でのプレー機会が増えると答えている。


Thornton and PTBNL
PiratesからMetsに移籍するのはZack ThorntonとPTBNL。
Thorntonは2012年オフにChris ResopとのトレードでOaklandから獲得したリリーバー(video)。コントロールが良く、80MPH後半のシンカーとスライダーを武器にマイナー通算K/9は10.0を越えている。オフのルール5ドラフトでは指名候補に挙げられていたが、アップサイドの無さが影響したのかピックされることはなかった。

所詮マイナーのリリーバーがメインピースになるわけがなく、注目はPTBNL。CBSのJon Heymanがレポートしたように2013年にドラフトされたプレイヤーという見方が強い(契約後一年経たないとトレードできない)。昨年のドラフト組ならAustin MeadowsReese McGuireを除くとBlake TaylorJaCoby JonesCody Dicksonの3人に絞られる。
そもそも2013年ドラフト組からというのも不確定なだけに、こればかりは時が来るのを待つのみ。昨シーズンは1ヶ月Marlon Byrdを使うためにDilson Herrera(傘下12-15位に相当)をトレードしたこともあり、ある程度の覚悟は必要だろう。